DeathMarch.net

カメラや写真、RaspberryPiやLinux関連の活用方法、普段使っているモノのレビューや自作したものを写真多めで紹介します。

カメラ・写真 写真用品

登山でも一眼レフを使いたい!持ち運ぶ方法を考えてみた。

投稿日:2017年7月19日 更新日:

LINEで送る
Pocket

山に登るなら写真を撮りたい。写真を撮るなら妥協せず一眼レフを使いたい。だけど重くて辛い。どうしたら良いのか考えてみました。

スポンサーリンク

 

現在のスタイル

現在はクランプラーのショルダータイプのカメラバッグを2種類持っています。
カメラ本体+標準ズームだけ入る小さいものと、数本のレンズが入る少し大きめなものです。

登山用ではないですが、山にカメラを持って行くときは登山用のザックにショルダーバッグごとつっこんでいます。

そのため、登山中に写真を撮るには…
「ザックを下ろす」→「ザックを開ける」→「ショルダーバッグを開ける」→「カメラを取り出す」
というありえないほど面倒な方法でした…。

元気なうちは、よーし写真撮るぞ!的な感じで良かったのですが、標高が高くなり、景色も綺麗になるとともにカメラを取り出す元気はなくなってきます。

そうすると、山頂以外では撮らなくなってしまい非常にもったいない!という状況です。
富士山もこのスタイルで登ったのです。非常にもったいないなぁ…。

ということで、一眼レフを持ち運ぶための登山スタイルを考えてみました!

 

首から下げる

ありえないです。

まぁこれができたら苦労しないですね(笑)

最初はこのスタイルで登山に挑戦したのですが、30分もすれば限界になります(笑)

 

たすき掛け

長いカメラストラップを使う場合、もしくは軽量なショルダータイプのホルスターバッグなどの場合ですね。

悪くはないと思うのですが、登山する前提なのでアンバランスな荷物が増えると歩きにくくなります。

また、ショルダータイプだと片方の肩に負担がかかります。何度も向きを変えるのは面倒ですのでこちらもボツです。

やはり、理想は両肩均等に負荷がかかるようにしたいです。

 

ザックのベルトに装着する

色々な方法を探している中で、面白い商品がありました。

Peak Designのザックのベルトに装着するタイプで、一瞬でカメラの着脱ができるというものです。見た目がスマートで非常にカッコいい!

 

非常にスマートで良さそうなのですが、ザックの片側に負担がかかることや、ザック側に取り付けるアダプターの着脱は面倒なので長時間の登山用としてはどうなんでしょうかね。軽量な一眼レフを使っている方は良いかもしれません。

というか、登山用ではなくて普段使いとして欲しいですね!

 

ザックに一眼レフを引っ掛ける

ザックにカメラを取り付けてしまうのが一番楽なのかもしれない、ということでザックに取り付けられる上に両肩均等に負荷がかかるものを探しました。

そしたらピッタリな商品をHAKUBAが出していました!その名も「くびの負担がZEROフック」というダイレクトなネーミング!(笑)

 

とてもシンプルで効果もわかりやすい良い商品なのですが、少しお値段が…。
材質と大きさを考えると、アイデア料だ!と言わんばかりのお値段設定ですね(笑)

 

とは言っても、ちゃんとYKKが作っているし、アイデアは素晴らしい、求めている商品なので買いました!

 

実物を見てみると、太くて硬いので強度は問題なさそうです。

手持ちのコールマンのザックに装着してみました。

この商品は、ザックのベルトにアジャスター機能がついているものでなければ装着できません。(デイバッグ等には付いていないことが多いです)

山登り向けに作られている製品ですね。非常にありがたいです。

 

実際にカメラを装着してみる

ザックにカメラをかけてみました。

ザックを背負ったまま、普段通りにストラップを首にかける感じで装着できました。
太いストラップを使っている場合は、うまく引っかからない可能性があるのかな?と思いました。

しっかりと両肩に分散されますね!商品名の通りに首の負担がZEROになるような気がします(笑)

 

ストラップが首に全く触れないか?と言うと、少し触れている感じはあります。(ザックの種類にもよると思いますが)
ただ、遥かに楽になるので問題ないと思います!

 

最後に

本当は実際に使った感想も含めてレビューしようと思ったのですが、梅雨のおかげで登山が延期になってしまいました。。
次回の登山では必ず使おうと思いますので、使用感を含めて再度レビューしようと思います!

※2017/11/7追記
磐梯山の登山で実際に使用してみました!こちらの記事で紹介しています!(超綺麗!紅葉の磐梯山に登ってきました!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

-カメラ・写真, 写真用品
-,

執筆者:


  1. […] 以前、登山でも一眼レフを使う方法について記事を書いています。そのときに紹介した「首の負担がZEROフック」を紹介しました。 今回の登山でようやく試してみることができました! […]

comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

レンズ沼

新しいカメラバッグが欲しい

カメラバッグも沼だったなんて知らなかった…。

桜

Helios 44-2 58mm f2.0を使ってみた

Helios 44-2 58mm f2.0の練習として、近所の桜を撮ってきました。

SIGMA 24-105mm/F4 Artは所有欲と撮る楽しさを感じられる良いレンズ!

EOS 5D Mark IVの標準レンズは純正ではなく、SIGMAのArtレンズを選びました。使用感をレビューしてみようと思います!

ネモフィラ

円偏光フィルターを購入したのでネモフィラで練習する

前々から気になっていたCPLフィルター(円偏光フィルター)を購入しました。 レビューついでに、ひたち海浜公園のネモフィラで練習です。

使いやすく進化!所有欲も満たしてくれるEF50mm F1.8 STMを比較レビュー

Canon EF50mm F1.8 STMを購入しました!旧製品の50mm F1.8 IIと比較してレビューしたいと思います!

2018/11/13

割れた食器を金継ぎDIYで復活させる方法

日本伝統の器の修復方法である金継ぎですが、本格的な漆を使った金継ぎは時間がかかるので気軽にチャレンジするには難しいと思います。そんな金継ぎですが、化学の力を使って出来るなんちゃって金継ぎに挑戦してみま …

2018/11/12

薪ストーブ1年目で揃えた道具を紹介

家を新築する際、薪ストーブのある家が理想だったので薪ストーブを導入しました!しかし道具はどこまで必要なんだろうか…そんな方も多いと思うので、今回は私が薪ストーブ1年目で揃えた道具を紹介します!

2018/09/29

シンプルで美しく実用的な山田照明 Z-LIGHTが素晴らしい!

シンプルで美しく、かつ実用的な山田照明 Z-LIGHTのおすすめポイントを紹介しようと思います!

2018/08/29

コーヒー好きなら絶対に後悔しない!カリタ ナイスカットGを紹介します!

ゆっくりコーヒーを楽しみたい人、忙しくても美味しいコーヒーが飲みたい人、気分によって色んなコーヒーを飲みたい人、すべての人にオススメできるカリタ ナイスカットG(NiceCutG)を紹介しようと思いま …

薪ラック完成形

2018/08/27

DIYで薪ラックを自作しよう!2×4材で簡単に作る方法を紹介します!

薪ストーブやキャンプでは必ず薪が必要になりますよね。特に薪ストーブユーザにとって薪集めは楽しみでもあり悩みでもあるはず。 今回は2×4材を使ったシンプルな薪ラックの作り方を紹介しようと思います!