DeathMarch.net

カメラや写真、RaspberryPiやLinux関連の活用方法、普段使っているモノのレビューや自作したものを写真多めで紹介します。

EOS 5D Mark IV カメラ カメラ・写真 写真用品

SIGMA 24-105mm/F4 Artは所有欲と撮る楽しさを感じられる良いレンズ!

投稿日:2018年2月28日 更新日:

LINEで送る
Pocket

EOS 5D Mark IVの標準レンズは純正ではなく、SIGMAのArtレンズを選びました。使用感をレビューしてみようと思います!

 

標準レンズを考える

レンズ沼

最近フルサイズに移行してからというもの、やはり標準レンズは何を使うべきか迷っていました。
広角域は純正のEF17-40mm f4L USMです。このレンズはフルサイズになってから広角を撮る楽しさがあって非常に良いですね。

ついにLレンズに手を出してしまいました!初めてのLレンズなので少し紹介してみたいと思います! ついにLレンズを購入!ついに買ってしまいました!EF17-40mm F4L ...

多少画質を落としても便利ズームは1本持っておきたい!でも折角なら綺麗に撮りたい!というワガママを叶えてくれるレンズで迷っていました。

 

どのレンズを買うか

候補は、EF 24-105mm F4L IS USM、SIGMA 24-105mm DG OS HSM、あるいは単焦点レンズを買い揃えるか…。
やはり便利に撮る、ということから単焦点レンズを買い揃えることは断念。予算もあるのと、機材が増えるのは持ち運びが辛い。(所有欲は一番満たされるかもしれませんが…)
タムロンのレンズは以前使っていましたが、CanonやSIGMAと比べるとズームリングの回転方向が逆なので対象から外しました。

残るはCanonかSIGMAか、ということになります。
やはり純正品ならではの安心感と中古品の多さは魅力です。しかし、SIGMAのArtシリーズのコンセプトも気になります。

やはりLレンズは写りが良いのはわかるのですが、値が張る上に色んな人が使っているレンズを買うのも面白くない!Artレンズもカッコいいから良いじゃない!と言うことでSIGMAを選びました(笑)

 

外観と質感について

早速ですが、SIGMA 24-105mm/F4 Artを紹介してみようと思います!

まずは外観から。
Lレンズに負けない質感です!これなら所有欲が満たされると思います。ガタつきなどは一切ありません。

フォーカスリングは結構硬いです。AF前提で考えられているのか、ピントリングは使いやすいとは言えません。
基本AFで使う人なら特に問題なく使えると思います。AFも非常に早く、手ぶれ補正も強力で手ぶれ補正特有の音も非常に小さいです!

また、フィルター径がかなり大きい!それに重い!
でもデメリットだけではなく、レンズが太くて持ちやすいので安定するというメリットもあると思っています。常に振り回すような使い方をしなければあまり気にしなくてもいいのかな…というぐらいの重さだと思います。(できることなら軽い方が良いに決まっていますが…)

重さと大きさについては「Artレンズ使ってるなぁ!」という謎の充実感が得られるような気がします(笑)

 

氷瀑 袋田の滝を撮ってみた

カメラとレンズを揃えたら被写体を探す!ということで、時期的にちょうど袋田の滝が凍りそうということで、撮りに行ってきました。
袋田の滝に行ってみようかな、と思う方は近くの美味しいハンバーグもあるのでオススメですよ!

紅葉やハイキング、袋田の滝の観光に行くなら、川ふじのハンバーグステーキも是非食べて見て下さい! 川ふじとは?川ふじとは、茨城にある袋田の滝そばにある定食...

 

まずは滝の下側から。ブログなので画像はちょっと圧縮されてしまっていますが、中央部の解像感はバッチリです。
広角側31mmで撮っていますが、四隅も流れることなく氷のモリモリ感が再現されています。

 

次は中央の観瀑台から。
この日は滝が完全凍結していないため、一部だけ水が流れていました。87mm 1/4秒を手持ちで撮影してもブレはありません。手ぶれ補正も強力なので安心です。

 

最後に

いかがでしょうか。
簡単なレビューになりましたが、所有欲も満たされて写りも良い便利なレンズでした。今年も暖かくなってきたらガンガン持ち出そうと思います!

LINEで送る
Pocket

-EOS 5D Mark IV, カメラ, カメラ・写真, 写真用品
-, ,

執筆者:


  1. […] のArtレンズと似ています。個人的にはArtレンズの方が質感は高いかなーと思います。  DeathMarch.netSIGMA 24-105mm/F4 Artは所有欲と撮る楽しさを感じられる良いレンズ!EOS 5D Mark IVの標準レ […]

comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

防湿庫

高信頼!HAKUBA 防湿庫 KED-60を半年使用したのでレビューする

ハクバの電子防湿庫 E-ドライボックス 60リットルを購入してから半年経ちました。

カメラレンズ

Tamronのレンズを修理するまでの手順と費用

レンズが不調である症状と修理までの手順、レンズ修理に関する費用などを紹介します。

桜

Helios 44-2 58mm f2.0を使ってみた

Helios 44-2 58mm f2.0の練習として、近所の桜を撮ってきました。

トラベル三脚にオススメ!SIRUI カーボン三脚A-1205を購入!

フルサイズ一眼レフにデビューしたということもあり、機材が重くなってもしっかり支えることができる三脚が欲しいな…と思って探していました。今回選んだ三脚の情報が非常に少なかったので、詳細にレビューしてみよ …

EOS7D Helios 44-2

オールドレンズを入手 Helios 44-2 58mm f2.0

先日、ついにオールドレンズに手を出してしまいました。

2019/03/11

METIS PLUSとASRock J4105-ITXで省電力・静音録画サーバを作る

録画サーバのリプレースとして、METIS PLUSとASRock J4105-ITXを使って自作サーバを構築したので紹介しようと思います。ちなみに自作PC初体験でした。

2019/03/11

Hario V60 Copperドリッパーでコーヒータイムを優雅にしよう

Hario V60カパーコーヒードリッパーを購入しましたが、ネットでも情報が少ないので記事にしようと思います。

2018/11/13

割れた食器を金継ぎDIYで復活させる方法

日本伝統の器の修復方法である金継ぎですが、本格的な漆を使った金継ぎは時間がかかるので気軽にチャレンジするには難しいと思います。そんな金継ぎですが、化学の力を使って出来るなんちゃって金継ぎに挑戦してみま …

2018/11/12

薪ストーブ1年目で揃えた道具を紹介

家を新築する際、薪ストーブのある家が理想だったので薪ストーブを導入しました!しかし道具はどこまで必要なんだろうか…そんな方も多いと思うので、今回は私が薪ストーブ1年目で揃えた道具を紹介します!

2018/09/29

シンプルで美しく実用的な山田照明 Z-LIGHTが素晴らしい!

シンプルで美しく、かつ実用的な山田照明 Z-LIGHTのおすすめポイントを紹介しようと思います!